PON DISHES -ポンディッシュズ-

料理やお菓子のレシピをYoutubeに投稿しています

屋根裏キッチン DIY計画

f:id:black7ponti:20180208171312j:plain

いままでYoutubeの動画撮影をキッチンではなく、部屋の机の上で行っていました。去年から屋根裏に動画撮影をするキッチンスペースを作ろうと計画していましたがやっと完成しました。

 


【DIY】キッチンの壁を作ってみた Making PON DISHES Kitchen #1

まずはキッチンの壁をDIY

いままでYoutubeに投稿している料理動画の撮影を自宅のキッチンで、できなかったので部屋の机の上で調理して料理撮影をしていました。しかし、色々と悩んでいることがありました。

  • 動画にドアの音、生活音などが入る
  • 狭いのでカメラのアングルを変えたり三脚を動かせない
  • 背景に余計な物がカメラに映る
  • 料理を作業するスペースが狭い

生活音が入ったりするので部屋で動画を撮れないときなどもあり色々と不便に感じていました。どうしようか、いろいろと考えていると屋根裏に使えるスペースがあったので「屋根裏キッチン」を手作りでDIYすることにしました。

 

DIYは初心者なので、どうすれば良いのかわからなかったのですが、まずは屋根裏にキッチンの壁から作ることにしました。 

万能ディアウォール

まず壁を作る為にディアウォールで柱を作りました。なぜディアウォールを使ったのかというと組み立て後に取り外すことも考えたからです。失敗する場合や屋根裏から場所を移動することを考えて完全に固定しないことにしました。

DIYツールのディアウォールを使えば突っ張り棒のように木材を固定できるので部屋の壁を傷つけたくない場合や賃貸の部屋のレイアウトにもオススメのアイテムです。

 

 ディアウォールで作った柱に壁の木材を釘で固定してパネルウォールの壁板にしました。また、余ったスペースにも端材と古材を組み合わせてパネルの壁にました。

 

壁板の着色にアンティークワックス

壁板にはターナーのアンティークワックスを使ったので落ち着いた雰囲気の壁になりました。アンティークワックスは他の塗料と比べて臭いも少ないので木材の着色にオススメのDIYアイテムです。

 


【DIY】シェルフとキッチンカウンターを作ってみた Making PON DISHES Kitchen #2

キッチンカウンターとシェルフDIY

パネルウォールを作った後にオーブンやキッチンツールを載せられるように、ホームセンターで見つけたDIY 部品を使って簡単なキッチンシェルフ棚を作りました。ツーバイフォーを使えば簡単にシェルフを作れるので便利なアイテムですが、やや強度は弱く感じました。

次に料理動画を撮影できる大きさのキッチンカウンターをツーバイフォー材を組み合わせて作りました。机面の組み立てに木ダボを使って組み合わせたのですが強度をあげる為に、木ネジを使いさらに木ダボでフタをして目隠ししました。料理をのせるのに丁度よいキッチンテーブルが手作りできました。

 キッチンカウンターテーブル表面の木材はオイルステインで塗りました。カウンター側面のパネル板にはアクレックスネオステインというカラーを使いナチュラルな2色のカラーでメリハリをつけました。 

 屋根裏キッチンの完成

最後にL字金具を使い壁板に簡単な棚を作りキッチン道具を吊るすフックなど取り付けました。シェルフにオーブンを載せると屋根裏部屋がだいぶキッチンっぽくなり「屋根裏キッチン」が完成しました。

 

 休日の日に少しずつ作業をしたので時間がかかりましたが、makitaのインパクトドライバーを使ったので作業も早く行うことができました。大きものをDIYするのには作業時間もかかるので道具も重要だなと感じました。 

背景に余計な物が映らずにすむので、これから屋根裏キッチンで料理動画を撮るのが楽しみです。diy初心者が作った簡単な作りな棚やカウンターなので、いろいろと手直しも必要なところもありますがほぼ満足しています。

 

後日、感じたこと

これで静かに動画撮影ができると思っていたのですが新たな問題が発生しました。屋根裏なので雨の日は雨音がすごいことに...。

近くにカラスがいる時には鳴き声が響くので今までより雑音が大きく感じることもあります。ノイズ、生活音の問題は解決しませんでしたが、三脚やカメラを動かすこともできるようになったので料理撮影はいままでよりも快適に行えています。